最終編集日 2004年11月11日

        あなた自身を取り戻すために

主の十字架クリスチャンセンターに関する情報を必要とする皆様

はじめに

時折編集させて頂きます。あらかじめご了承下さい  

    各掲示板において、色々な事柄が明らかにされています。不安に思う方。真偽に疑問を持つ方色々といらっしゃると思います。事実を知りたいと思う方の為にこのページを設けました。

 

Φ   御注意

 1/ 各掲示板共に書かれた事柄は、個人的な意見・見解が含まれている事を忘れないで下さい。

 2/ 例え自分の見解と違うこと、あるいは見聞きしている事とは異なっていても、「ウソ」「誇張」だと簡単に決めつけず、冷静な目で見つめ判断することが必要です。

 3/ 特に個人に関する評判は、個人的な「合う合わない」に起因している場合も考えられます。また情報を操作されていた影響も無視できません。

  4/ アラシにあっている掲示板に関しては、信用のおけない情報と片付けず、どうしてこんなアラシにあったのか・・・古いスレッドを読みつつ考えて頂ければ幸いです。

 あくまで冷静に、真実を見せて下さる主により頼みつつ、ご覧になることをお勧めします。

 1/ TLCCCの真実

http://homepage3.nifty.com/nathan/

tlcccに疑問をもった方にお勧めします。

あの事の真実はどうだったのか???

一時期うわさになって今は消えている話題に、疑問を感じた事はありませんか?

 

      2/ 主の十字架cc脱退・脱出者の連絡ページ  

 

http://www.h5.dion.ne.jp/~j.1/exodostop.htm

 

Σ ひつじの掲示板について(補足)

ひつじの掲示板に関しては、現在はリンクを控えさせていただきました。

 現在の状態では、カルトに傷ついた方、またtlcccに疑問を持っておられる方にとって負の部分が多いと思います。しかし、私が常連であった2003年には、このサイトは色々な意見が出てくることはあっても、全体的に自己浄化作用があり、かつ健全でした。アレるきっかけになったのは、どう考えてもtlcccの問題をあつかってからです。特定の団体にスポットを当てた時点でアレだしたとも言えるでしょう。

 ネットの匿名性を悪用し、自己の思うままを書きなぐる方、tlcccとは無関係でただ煽り立てている方もいるのでしょう。あるいは、上部の支持でアラシをしている方もいるのかもしれません。いずれにしても、ひつじの掲示板の現在の姿が、すなはち「掲示板は信用できない」というものではないことを、あえて付け加えさせて頂きます。

  Φ 情報を得たら・・・・・                                

φ情報を得た後は、

 まずご自分の頭で考えてください。

 まちがっても頭から、「ウソだ」「唐突な作り話だ」などと決め付けないことです。

 φ幾つかのサイトを見て

★ 書かれている事柄に食い違いはないか(コヒペは別)

 作り話ならば、つじつまが合わないことが出てくるはずです。

複数の方の書きこみを読む事をお勧めします!

 

★主の十字架側はどう対応しているか

φ 紋切り型で対応していないか?

例えば

-トップの見解をそのまま述べてはいないか?

 −第三者(主の十字架の信徒・元信徒以外)も納得できる解答・返答をしているか?

言い分が特に東京のトップの言動と矛盾していないか

(地方の牧師などの場合、ご自分がマイルド・コントロールされているからです)

 

φ 主の十字架側の返答に「あなた」は納得できるか?

φ 誰かの書きこみを後ろに追いやろうとする行為はありますか?

(読まれては困る書きこみ・・・なのかもしれません)

 

をしっかりと見極め考えてください。

 

★ 脱会した方と、脱会した理由を直接尋ねてみることも有益です。

 あなたが疑問に思っている事柄は、もしかすると脱会者に共通するモノかもしれません。

勇気を出して聞いてみてください。

できれば、複数の方にお聞きすることをお勧めします。

 その場合、何をどう聞きたいのか・知りたいのか、具体的に示した方が解答を得やすいかと思います。

 ただし、脱会者にはその方の事情があります。その方への配慮も忘れないで下さい!

一度の質問ですべての答えを得られないこともあります。

 

★ カルト対策サイトをご覧になることも有効です。

マイルド・コンロール研究所

 http://www2.ocn.ne.jp/mind123c 

真理のみことば伝道協会

http://www.gospeljapan.com/helpcult

 

★ 聖書で確認しなくてはならない・・という考えに固執しないでください。

 ご自分の今後について、考え・祈ることは良い事です。

ただし、ご自分の今後について

-示しを受けなくてはならない

-聖書の言葉を示されなくてはならない

という思い込みをしないで下さい。

理由として

σ 聖書はアミダクジではない!

聖書の御言葉に示される!頼る!という行為を私はお勧めしません!!!!

 聖書はアミダクジではありませんし、マイルドトントロールされている頭では、かえってその「ことば」に惑わされて決断が鈍る場合があります。私がそうでした!!

聖書を読んではいけない! ここから語りかけを受けてはならない!

という意味ではありません。

 あなたが今感じている事、不安等々を聖書から無理やり説明しようとする行為

自分で判断がつかない時の解決方法として、

聖書をめくり、

目に付いた言葉を「神のしるしだ」と握ってしまう事に関して警告しているのです。

文脈も歴史も、聖書学の基礎も無視してこれをすると、

聖書の言葉そのものが「武器」となって人を縛り、傷つけ始めます。

 

★ 良心の声を聞いていますか?

ある程度の事を知り、それでも留まりつづける方々の中には、

召し・使命をまっとうしするためと称する方々もいます。

あなたの中の良心は何と語りかけていますか?

じっくり自分の良心と向かい合っているでしょうか?

私達の心にある良心は神様と真っ向から対抗するものでしょうか?

確かにそういう事を聞いたけれど・・・・・・

本当かどうかわからないし”・・・別の方法で確かめましたか?例えば全くの第三者の意見を聞いたり見たりした事がありますか? 

例えば、カルト対策をしている団体の意見を聞きましたか?

技がおこっているし”・・・技が起こる事は健全な教会であるという印にはなりません!

残念ながら・・・

私はここでいやされたし”・・・神様が癒したのですか?それとも教会が癒したのですか?

神様がなした癒しなら、脱会しても変わらないはずです。

励ましを受けた人が沢山いるし”・・・これも同じ。励ましは誰から来たのでしょう?

神様ですか?それとも、あなたが取り次いだから??

私が出たら躓く人がいるし”・・・”あなたが”その人を支えているのですね?!

出ても行く所がない”・・・私もこう思いました。

すぐに別の教会に集わなくてはならないわけではありません。

ゆっくりとリハビリしつつ、あなたに合う教会、

あなたを生かしてくれる仲間を探せば良いのです。

あせる必要はどこにもありません。

脱会しても、キリストにある者であることは変わりませんから・・・・

私も当初新しい教会に馴染めずにいました。

でも時々でも顔を出す内に、顔なじみとなって挨拶を交わす人ができました。

そういう人が一人ずつ増えて行くなかで、

今の教会とも馴染んできました。

(あくまでも目安ですけど)

 

Φ お勧めする本 

あまりに月並みではありますが、

*「信仰」と言う名の虐待・・・パスカル・ズィヴィー いのちのことば社 21世紀ブックレット

*教会がカルト化するとき・・・ウィリアム・ウッド  いのちのことば社21世紀ブックレット

は、ぜひ一読されることをお勧めします。

これらの本はHPからも注文できるそうです。

http://www.wlpm.or.jp/pub/index.htm

Φ それから・・・

これらの情報を得て自分の考えがまとまって来れば

*この群れに留まるか

*新たに出発するか

を選択することになると思います。

私はこの選択を主から迫られたとき、<新たに出発する>を選び取ったわけです。

 

<留まる事を選択する場合>

!!!!! 最初に申しますが私個人は早期脱退をお勧めします !!!!!

 

⇒ 召しのため・終末の召しのため留まると仰る方へ⇒

*あなたのその「召し」は、主の十字架ではないとできませんか?

 

@ 主の十字架を出たらもう主の為には働けないのでしょうか?

→ ということは他教会は主の為には働けない??(考えてください)

A 神様はあなたを「自分の為に働かせる為」に救われたのでしょうか?

→ もう一度、あなたの上になされた神様の救いの御技を思い起こしてください。

→ あなたは何かエライ事をしたから、救いに預かったのでしょうか?

???あなたが一生懸命働かないと、救いは無効になるのでしょうか???

???携挙されないからですか???

携挙されない・・・これは本当に聖書的なのでしょうか?

B この教団の健全化は可能でしょうか?

 → →→ → 

 

 <新たな出発を選択する場合>

★ あなたが主の十字架で受けた救い・癒しが無効になるとは思わないで下さい。

あなたに主が持っておられる愛もご計画もかわりません。

ただ今までのような脅迫感を伴うものではないはずです。

★ リハビリをしてご自分を少しずつ取り戻してください。

これは貴方のスピードですれば良いのです。他の人と決して比較しないように!

★ **専門の医師(例えば精神科医)の助けが必要となる場合もあります!!**

でも恐れないで下さい!

あなたが自分を取り戻すため、主が用意してくださるすべての方法を、

偏見や恐れを持たずに(難しいでしょうが)受け入れてください。

いずれの場合も、決してお一人で無理をしない事です!!

孤独感や喪失感があなたを襲っても慌てないで下さい!!

憎しみの気持ちや・赦せない!と思う事もあるでしょう・・・・

大抵の方が感じています。私もそうでした。

あなたの傷を心の中にしまい込まないで下さい。

傷のある者同士でなめ合いをしたっていいじゃないですか!・・・

そこから前に進む道が開かれるかもしれませんよ。

赦せない心で苦しむ事があっても、あせらないで下さい!

***** 脱会後に虚脱感に覆われる事があっても、*****

「神は共におられる」のです。

私達の苦しみ・傷み・嘆きを遥かに超えた存在である方

限りなく聖であり・善である方に目をとめて下さい。

 

 

★ 転会先の教会をすぐ探す必要はありません。

教会に行かない事に罪悪感を感じるかもしれませんが、

あせらないで下さい!

脱会者との連絡ページなどで、脱会した方々との交わりも有益です。

クリスチャンのサイトで仲間を作る事も、私には大変有益でした。

こうやって、誰かから力を分けてもらって

少しでも前に進めればそれで良いと思います。

教会はゆっくりご自分にあう所を探せば良いのです。

説教が聞きたければ、インターネットで!という手もあります。

 

† 教会を捜したい場合サイト情報も有効だと思います。

ゴスペル・ジャパン

http://www.gospeljapan.com/Churches/

ICF 教会案内
http://www.icfforum.com/search/html/08.html

知って役立つキリスト教大研究

八木谷涼子著

新潮OH!文庫

この本は教派を知る上でも大変役立ちます

\829-と決して高い本ではありません

一読をお勧めします。

Φ 出よう!と決めたら

出る事は簡単です!

出ます!との意思をファックス・メールなどで表示すれば良いのです。 

でも人間として良識ある態度を取ることを、私はお勧めします。

σ お金の清算

み声新聞・雲虹などに未払いの代金はありませんか?

*未払い代金がある場合は、

ご自分で何時からの分が未払いになっているかを確認して下さい。

その上でメールなどで、脱退する事になった旨を書き、

ご自分で確認した詳細と金額を表示し確認を求めて下さい。

これは機械的な文章で構いません。

例えば

−今回神様のお導きで脱退する事になりました。

 つきましては、貴社に未払いの代金をお支払いしたいと存じます。-

私の場合は日本の肉親を通しましたので、

期限を切りました。

「いついつまでに返事が来なければ、クレーム無しとして入金処理に入ります」と伝えました。

確認が取れれば入金し、

その入金証書をやりとりしたメール(あるいはファックス)の控えと一緒に、

大切に保管して下さい。

後々クレームで揉めれば不愉快な思いをするのは私達です!

注文したにも関わらず届いていない雑誌等がある場合、

まだ代金が未払いならば、

キャンセルの旨を相手方に伝え、受け取り拒否することも可能です。

(私もコレをやりました) 

 

あとで色々と言われないために(それでも言われるでしょうが)

人間として当たり前の事はしておく事をお勧めします。

 

パート2・ それから・・・それから・・・へ

  つづく 

   お知らせ---メールアドレスを再び公開する事にいたしました。

ご希望の方は↓からどうぞ

メールしますか?